インボイス制度について

インボイス制度とは?

インボイス制度は2023年10月1日から導入され、すべての事業者に関係します。

インボイス制度とは、軽減税率の導入後、複数税率となった消費税の仕入税額控除の金額を正確に計算することを目的に導入される制度です。インボイス制度の導入後は仕入税額控除の要件として適格請求書(インボイス)を受領することが必要になります。

インボイス制度の概要イメージ

動画で解説

※動画内で紹介されている事務コンのソフトはインボイス対策されているソフトになります。現在既に事務コンを使用されている場合はソフトの修正が必要になります。

適格請求書(インボイス)発行事業者への登録

適格請求書(インボイス)発行事業者には、課税事業者のみが登録可能です。

適格請求書(インボイス)の発行には事前の登録が必要です。インボイス発行事業者に登録できるのは課税事業者のみとされており、免税事業者はインボイスを発行することができません。インボイス制度の導入後、免税事業者は仕入先から控除ができない事業者とみなされ取引が停止される恐れが生じる可能性があります。そのため免税事業者においては、取引先との関係や課税金額などを確認したうえで、現在のまま免税事業者でいるか、消費税負担を負う代わりに課税事業者となりインボイス登録を行うか判断をする必要があります。

インボイスの登録申請

インボイス制度導入スケジュール

インボイス制度導入と同時に適格請求書を発行するためには、原則として2021年10月1日~2023年3月31日までの期間に登録書申請書を提出する必要があります。

インボイス制度導入スケジュール

インボイス制度への対応

インボイス制度導入前に、新たに生じる業務や処理の流れの確認を行い、請求書フォーマットの変更や加工、業務システムの見直しを行いましょう。

現行の請求書、納品書、受領書など仕入税額控除に使用する書類はインボイス(適格請求書)に該当し、新たな項目が記載必須事項として追加されます。また、内容に修正が生じた際には修正した適格請求書を交付する義務や発行した適格請求書の保存も義務づけられています。

インボイス対応チェックのイメージ

適格請求書(インボイス)保存方式

既存の請求書の形式(フォーマット)やシステムを適格請求書(インボイス)の様式に合わせなくてはいけません。

インボイス発行事業者に登録を行っていても項目に抜けや漏れがある書類は適格請求書として認められません。このような場合、取引先が仕入税額控除を受けれなくなるので注意が必要です。なお、適格請求書は受領側では追記や修正を行うことができないため、誤り等があった場合は発行側で修正インボイスの発行を行います。

また、適格請求書は発行側と受領側どちらにも7年間の保存義務があり、紙だけでなく電子データでの保存も認められています。

請求書等保存方式
請求書等保存方式
  • 発行者の氏名または名称
  • 取引年月日
  • 取引内容
  • 取引金額
  • 交付を受ける者の氏名または名称
軽減税率制度開始
区分記載請求書保存方式
区分記載請求書保存方式
  • 発行者の氏名または名称
  • 取引年月日
  • 取引内容
  • 取引金額
  • 交付を受ける者の氏名または名称
  • 軽減税率の対象品目である旨
  • 税率ごとに合計した対価の額
インボイス制度開始
適格請求書保存方式
適格請求書保存方式
  • 発行者の氏名または名称
  • 取引年月日
  • 取引内容
  • 取引金額
  • 交付を受ける者の氏名または名称
  • 軽減税率の対象品目である旨
  • 税率ごとに合計した対価の額
  • 適格請求書(インボイス)発行事業者登録番号
  • 税率ごとの消費税額

請求書と納品書の組み合わせで記載することも可能です。

インボイス発行システムをお探しなら

適格請求書(インボイス)の発行は事務コンなら簡単

お客様ごとにソフトをカスタマイズするので、細かい調整が可能

適格請求書(インボイス)の発行は、修正や保存などの管理のしやすさから機械によるシステム化を行うことをおすすめします。中でも東芝テックの事務用コンピューター「事務コン」は、操作が簡単でパソコンが苦手な方でもご使用頂けます。

簡単操作でらくらく発行

簡単操作でらくらく発行

専属の担当者がご指導とアフターフォローを行うので安心して使用頂けます。

自社伝票も利用可能

自社伝票も利用可能

ソフトのカスタマイズによって様々な伝票の印刷にも対応することができます。

インボイスの管理や修正も簡単

インボイスの管理や修正も簡単

新たに義務付けられたインボイスの保存や修正インボイスの発行も可能です。

インボイス対応伝票イメージ

インボイス制度についてのお問い合わせ窓口はこちら

インボイス制度電話相談センター

【TEL】0120-205-553(フリーダイヤル)

【受付時間】9:00から17:00(土日祝除く)

国税庁ホームページ

ご質問・ご相談|国税庁(https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/invoice_inquiry.htm)

※本サイトに掲載している内容は、2021年7月現在の法令に基づいています。今後制度の内容は変更される場合がございますのであらかじめご了承下さい。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
03-3987-8500
メールでのお問い合わせ
メールフォームへ